OSS

 

【自動車保有関係手続きのワンストップサービス化について】

 

 自動車保有関係手続のワンストップサービスとは、自動車を保有するために必要な多くの手続き(検査・登録、保管場所証明、自動車諸税の納付など)を、オンラインにより一括して行うことができるものです。
 自動車ユーザーの皆さんは、購入された自動車の登録手続についてディーラーに代行申請の依頼をしている方が多いと思います。この申請手続きがオンラインによって行われ、簡単にしかも早く完了するので、ユーザーの皆さんのメリットにもなります。

 このサービスを利用できる地域は、現在、全国で11都府県のみとなっておりますが、平成29年4月1日以降、順次全国に拡大していきます。

詳細につきましては、自動車を購入される販売店にお尋ねください。

 

 

  HP3イメージ

 
 

  1.ワンストップサービスの概要

 

(1)稼動地域
 岩手県、茨城県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県
(2)サービス範囲
 現在、型式指定車の新車新規登録が対象となっております。なお、型式指定車であっても一部の車両は対象外となりますので、詳細につきましては、販売店にお尋ねください。

(3)今後の予定

 平成29年4月以降、対象地域が全国に拡大していくのとともに、対象の手続も拡大し、移転・変更などの中間登録や継続検査についてもワンストップサービスが開始される予定です。

 

 

 2.ワンストップサービス申請をするためにお客様が用意するもの

 

 お客様は、従来通り印鑑証明書と委任状をご用意して頂き、保管場所証明申請に必要な図面と併せ、自動車を購入される販売店に提出して頂くだけで、ワンストップサービス申請が可能になります。