自動車相談 Q&A

 

販売店の選びかたについて

 

自動車の保険について

車の選び方について 自動車を購入する際の税金について
車の価格の見方について 車を購入する際の注文と契約について
車を購入する時に必要な手続について 車の納車について
諸費用について 車のサービス(点検整備)について

Q3.車の価格の見方について

A. 新車価格には車両本体価格と店頭渡現金価格の2種類があります。基本となるのは車両本体価格です。これは標準装備品(スペアタイヤ・ジャッキ・工具等)を装着している標準仕様の車両について、販売店が決めた価格をいいます。
次に店頭渡現金価格は、車両本体価格に付属品の価格をプラスしたものになります。そして、付属品とはお客様が必要と思われる装備品、愛車セット等の添付品を言いますが、これを買うか買わないかの選択はお客様の自由です。
メーカー標準装備以外のアルミホイール、オーディオ、カーナビゲーション、サンルーフ、レザーシート等の注文装備をオプションと言います。かつてはオプションの場合が多かったエアバッグやABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、エアコン等は標準装備化される傾向にあります。ここで注意しなければならないのは、メーカーオプションとディーラー(販売店)オプションの違いです。前者はメーカーがクルマを製造する過程で装着するものですが、後者はディーラーが車を仕入れた後、お客様の求めに応じて装着するものです。従って、ディーラーオプションは購入後であっても装着は可能ですが、メーカーオプションは新車購入時にオーダーしなかった場合、後から装着出来ないので注意して下さい。
この両者の違いはカタログのグレード別装備一覧表等に明記されていますので、必ずご確認をお願いします。