自動車相談 Q&A

 

販売店の選びかたについて

 

自動車の保険について

車の選び方について 自動車を購入する際の税金について
車の価格の見方について 車を購入する際の注文と契約について
車を購入する時に必要な手続について 車の納車について
諸費用について 車のサービス(点検整備)について

Q7.自動車を購入する際の税金について

A. 自動車を取得し、保有するためには様々な税金が課せられます。大まかに分類しますと、自動車を取得する時点でかかる税金と、自動車を保有している間にかかる税金とに分かれます。

 

<取得時>

1)
自動車取得税

自動車の購入価格に対して課税されるもので、自家用車は課税標準額の3%、軽自動車は2%となっています。納車までに車と一緒にオプションを装着した場合には、その金額も含めた合計額に課税されます。ただし、車両価格が50万円以下の自動車には課税されません。

 

2)
消費税
自動車も一般の商品同様に8%の消費税が課税されます。

 

<保有時>

1)
自動車重量税
自動車の重さによって定められる税金です。
区  分
税  額
乗用車(0.5トン毎)
4,100円/年
軽自動車(定額)
3,300円/年
※一般的な乗用車(1500cc~2000ccクラス等)の重量は1~1.5です。

 

なお、税額は1年毎の算出ですが、新車購入時には自動車検査証の有効期間分(自家用乗用車の場合3年分)を一括で前払いします。それ以後は車検時(自家用乗用車の場合2年分)に一括前払いします。但し、車検期間中に自動車を手放しても、残りの期間分は返還されません。

 

2)
自動車税

毎年4月1日現在で、軽自動車・二輪車以外の自動車を所有している人に課税されるものです。乗用車はエンジンの排気量によって税額が定められています。新車を購入された場合は、購入月の翌月分から翌年の3月分まで月割りの総額を納付します。なお納税した後で、年度の途中で廃車等した時には、月割計算によって翌月分から年度末(3月)までの分が返還されます。

3)
軽自動車税
毎年4月1日現在で、軽自動車および二輪車を所有している人に課税されるものです。

 

【自動車税及び軽自動車税】

 

乗用車(自家用)
~1000cc
29,500円/年
1001~1500cc
34,500円/年
1501~2000cc
39,500円/年
2001~2500cc
45,000円/年
2501~3000cc
51,000円/年
3001~3500cc
58,000円/年
3501~4000cc
66,500円/年
4001~4500cc
76,500円/年
4501~6000cc
88,000円/年
6000cc 超
111,000円/年
軽自動車(自家用)
四輪自動車
10,800円/年
※軽自動車のエンジン排気量は660ccまで