自動車リサイクル

| 1 | 2 | 3 |

2 リサイクル料金


 

 お客様には、原則、新車購入時にリサイクル料金を支払っていただくこととなります。車1台につき原則1回、リサイクル料金を公益財団法人自動車リサイクル促進センターに預託して頂くことが必要になります。ローン契約などで車検証の所有者名がディーラーとなる場合がありますが、このような場合でも、買主であるお客様にリサイクル料金を預託して頂くことになっています。

 リサイクル料金を支払うと、リサイクル券や領収書が発行されますので、確実に入手し保管してください。

 また、リサイクル料金を支払ってあるクルマを他の人に売る場合は、次の所有者の方から、車両部分の価値金額に加えて、リサイクル料金相当額を受け取る権利があります。

 車ごとのリサイクル料金は、各自動車メーカー・輸入業者のホームページなどで確認することができます。

 

 各社の該当ページ一覧はこちら

 ◇一般社団法人自動車再資源化協力機構ホームページ

  リサイクル料金および回収料金等

  http://www.jarp.org/duties/standard_fee.html

 

 リサイクル料金が既に預託されている車をディーラーに下取りに出す場合には、お客様が支払ったリサイクル料金のうち、預託金となっている金額を下取価格と合わせてディーラーからお支払いします。リサイクル料金が既に預託されている中古車を購入する場合には、リサイクル料金のうち、預託金となっている金額を中古車価格と合わせてお客様からお支払い頂きます。このように自動車リサイクル法の制度では、最終的に車を廃車する時の所有者がリサイクル料金を負担することになっています。

 リサイクル料金を預託された方、中古車の購入に伴い預託金を引き継がれた方には、リサイクル料金の預託証明書としてリサイクル券をお渡ししますので、車を手放す時まで大切に保管して下さい。

 いずれにしてもディーラーは、新車・中古車販売業者、自動車整備業者、廃車の引取業者としてリサイクル料金を預託する際の窓口となりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 ◇自販連会員ディーラー

  http://www.jada.or.jp/contents/about/soshiki/kaiin.html

| 1 | 2 | 3 |