統計データトップ

お知らせ

自販連では、2005年(平成17年)1月度登録台数(2月発表)から従来のメーカー別統計に加え、 ブランド別統計も導入することと致しました。

従来のメーカー別統計は「生産」という概念によって統計分類がなされていましたが、 自動車生産拠点のグローバル化あるいはメーカーのグループ化の進展や一般消費者の車に対するニーズが、 ブランドを重視する傾向にあることから、単に「生産/メーカー/工場」を基準とした統計では、 流通実態の把握が困難となっていることから、新たにブランド別統計を導入することとしたものです。

概要

  • 稼働日初日に発表している新車販売台数概況のメーカー別新車販売台数を、ブランド別登録車販売台数に替え、 従来のメーカー別では輸入車に含まれていた国内メーカーの海外生産車を国内メーカーの登録台数に合算して公表する。
  • 稼働日4日目に公表している車名別統計に加え、軽自動車、 および主な海外ブランドを含む自動車の総販売台数をブランド別統計として公表する。 (軽自動車、輸入車は速報値)
  • 公表団体としては、稼働日1日目の登録車は従来どおり自販連が公表し、 軽自動車については全軽自協が公表。稼動日4日目については、ブランド別統計としては自販連、 全軽自協、日本自動車輸入組合の3団体連名で公表する。 (輸入車のみについては従来どおり輸入組合が公表)